無料で更新できる排水管の工事会社の見つけ方

排水管 更新

排水管の更新というと難しそうだと思う方も多いかと思いますが実は簡単にできます。掃除しても臭いが取れなくなったりつまりがひどい場合など交換してしまうのもひとつかもしれません。工事会社の見つけ方はまずはお家の管理をしてくれているところに相談してみることが一番でしょう。賃貸などでは無料で管理会社などがしてくれるところもありますし、毎月修繕費等を払っているなどがある場合そのようなところから交換してくれる場合もあります。一軒家など持ち家の方なども家を建てた会社に確認するなどするといいでしょう。自分でほかの会社を探すよりその方が早やくできることもあります。あとは排水管の専門など水のトラブルの専業者にお願いすることで早く治すことも可能です。無料とはいかないかもしれませんが専門業者に頼むことで安心はできると思います。

自分で排水管の交換は可能なのか

自分で配水管を更新することは可能で、まず用意するものは新しい排水管とバケツです。ゴム手袋等もあると便利です。排水管のトラップ部分を取り外すときに、中に残っている水が出てくるのでバケツを下に置いておきましょう。その後、排水パイプを取り外し、排水栓を取り外すのです。そのあとは外す際の逆手順で新しいものをとりつけます。ナット部分などしっかり締めるのも忘れずにしましょう。最後に水漏れをしていないか確認して終了です。排水管の破損は珍しくありませんが、多少なら補修テープでというかたも多いでしょう。しかし、そのまま放置してしまうと大変なことになりかねないので早急な対応をお勧めいたします。専門業者に頼むと資材費用のほかに工賃などもかかってくるので、自分で交換ができると節約にもなります。またいきなりの時に自分でできると業者を待たずしてできるので治るまでの時間も短くなります。

交換の前に排水管の掃除の仕方を確認

排水管にはトラップというS字状になっていたりする部分などの構造があります。これは下からの臭いを防いでくれています。その部分に汚れた水がとどまってしまうと臭いが発生する原因でもあるので、1度水を桶などに貯めて一日の終わりなどに一気に流すことで、汚れた水がそこに貯まることがなく、また下からの水を防いでくれます。目に見える部分であれば割りばしのさきにスポンジを挟んで掃除をしてあげるといいでしょう。そのほかにもパイプ掃除用の洗剤などを定期的に使うことです。使い方も簡単なので出かける前に洗剤を排水管に流し、帰宅してから水で流すだけでできるので手間もかからずに行えます。毎月決まった日にちなど自分でする日を決めておくとラクでいいかもしれません。そうすることで配水管の目に見えない部分も更新できます。