気になる排水管の更新手続きはいつ

排水管 更新

住居から汚れた水を流す排水管は経年劣化により腐食し老朽化していきます。定期的なチェックと更新手続きが必要です。特にビルやマンションなどは建物を長持ちさせるためにも適切なタイミングでの更新手続きを行うのが望ましいです。目安としては5年目に給水装置をオーバーホール、15年目に水道メーター周辺の更新、20年で共有部の配管更新、30年で専有部分の配管更新とされています。築年数による更新の目安はありますが、トラブルに応じた対処も必要です。たとえば排水が流れずボコボコと音を立てている場合、赤水などが出る場合などは要注意です。排水管の異変を見逃し、放置し続けてしまうと取り返しのつかないトラブルとなってしまうこともありますので、小さな異変を見逃さず、計画的な更新をしていきましょう。

マンションにおける給排水管工事の流れ

マンションの場合、給排水管の更新工事となると大変大掛かりで計画的な実施が重要です。長期修繕計画ともなるため、まずはマンションの管理組合にて総会を開き、施工会社の選定を行います。その後住民への説明会などをふまえ、ようやく工事に取り掛かります。共通仮設工事を行い、作業員の詰所や資材置き場、工事用掲示板などを設置、次に共有部分の給排水管工事となります。並行して各居住スペースの事前調査を行い、室内工事に備えます。排水管工事の日に縦全戸が在宅できる日を設定する必要があり、日程調整に大変時間と手間がかかります。外壁塗装や屋上防水などの工事と異なり、住居スペースに入る工事となります。工事を円滑に進めるためにも住人の多くが賛成し不公平なく進められるようきめ細やかな対応が必要といえます。

排水管更新の重要性を知る。中古物件に注意。

現在の排水管を新しいものに取り替え、新築当時の状態に戻す工事を更新工事といいます。特に築25年以上のマンションなどで行っており、築30年以上ならさらに注意が必要です。住居スペースの排水管を更新するのには、壁や床を取り外して復旧してもらう必要があるため、当然ながら費用も大きくなります。もしもこれから中古のマンション購入を検討しているのであれば、ぜひ排水管の更新工事が終わっているかどうかを確認してください。ぱっと見きれいにリフォーム、リノベーションされている物件であればつい見落としてしまう部分です。もしも排水管工事が必要となった場合には床や壁、キッチンの取り外しが必要になる場合もあり、注意が必要です。マンションなどでは排水管の役割がいかに重要かを認識しておく必要があります。