排水管の工事の更新期日はいつなのか

排水管 更新

排水管の更新工事の時期は30年くらい経つと必要になってきます。費用を考えても既存の排水管を使用する方法の方が安く、工期も短く済むのですが、20年から25年程が工事可能な期間となります。排水管の材質などによっては、更新時期を迎える頃には既にサビや腐食が原因で漏水の危険がでてきてしまいます。排水管の診断には内視鏡撮影を行います。内視鏡を使用し、管内面のサビや腐食状況や汚泥の確認を行います。超音波肉厚測定をし、排水管の各部位ごとに残存肉厚を調査します。そしてサンプリング検査として管の一部を抜管摂取して検査を行う事もあります。作業時間としては4時間から5時間ほど必要となります。また、報告書などの作成にも時間がかかる為、書類のできあがり手元に来るまでに2週間から3週間程必要になります。

排水管の更新工事をしなくても済むよう、詰まらない様に注意する事

排水管の更新工事をしなくて済むよう、詰まらない様に注意する事をご紹介します。トイレの場合、軽度の詰まりであればラバーカップで解消できます。酷い場合は専門業者に依頼しハイスパットやローポンプなどを使用し詰まり解消をします。これでも解決できない時は排水管で詰まっている可能性がある為、高圧洗浄機やトーラーを使用し管清掃を行います。建物の配管の中で一番劣化が早いのがキッチンです。キッチンでは排水管を傷つける原因が多いせいもあります。油や食べ物のくずは貯留しやすく、雑菌が繁殖し漏水や詰まりを引き起こします。油は排水管に付着し内径を狭めます。また、雑菌の繁殖の温床ともなります。熱湯は排水管の傷や変形を引き起こします。水と一緒に流すのをオススメします。薬品も中性洗剤以外を流すのは控えるか熱湯同様、水と一緒に流すのをオススメします。

排水管の更新工事でのポイントについて

排水管は主にキッチンが一番劣化しやすく、築25年以上の鋼管を使用している集合住宅などでは排水溝からの悪臭などの症状が現れ、この原因が劣化である事が多いです。この原因を究明、調査し対策方法を検討します。排水管の材質で違いもありますが、築20年を超えると鋼管だと腐食が原因の管壁の穴あきやサビが原因の管内狭窄が発生します。更新工事は新しく配管を入れ替える工事になります。錆びる事のない耐火二層管なども使用されます。メリットは最新の管財を使用でき長持ちしますが、デメリットとして施工時間が長く、施工費用も高い事です。こちらは工夫や改善をする事で工期や費用を抑える事も可能になります。集合住宅の場合、排水管の更新工事となると全世帯の協力が必要不可欠となります。大規模修繕となり、知恵と工夫が可能な設備会社が少なくなってしまっていますが、排水管の更新を行えば新しく長寿命の配管にすることができます。