国内のログハウスの価格相場のみかた

ログハウスと言えば全てが木で出来ており、その香りと温もりで癒される方も多い住居です。住んでみたいという願望がある一方、全てが木ということで、何かと心配なことが多いのも事実です。安全性や住み心地、値段など、憧れがあるだけに不安も多くなります。しかし最近では、耐火耐水耐震性に優れたものもあるので、好きなログハウスを満喫できる機会が増えてきています。木のぬくもりの中で、ゆったりとした時間を過ごすことができる、これはとても贅沢なことだとえいます。少々お値段が張ったとしても、癒しの場所として確保しておくには、非常に良い買い物だと考えられます。実際のログハウスの値段とはどのぐらいなのでしょうか。ログハウスに住みたい夢に近づくため、知っておくと役立ちますね。

価格は坪単価を知ることで分かります。

価格は坪単価で計算されることが多いです。丸太を一本一本積み上げていくハンドカットログでは、坪あたり約55~80万円、工場で製材されたものを積み上げるマシンカットログでは、坪当たり約45~60万円、柱と梁を使用した在来軸組工法のポストアンドビームは、坪あたり約50~70万円となっています。どの方法においてもメリットデメリットがあるので、それぞれの特徴を知った上で慎重に選択することが大切です。個人の好みがあるので、すべてを価格により決めることはできません。その工法の長所を生かした住まいづくりをすることが、長く快適に進み続けるには必要なことです。そのためには、どんな家に住みたいのかを明確にしておくことが重要となります。そこに住む方の話を聞いたり、メーカーのモデルルームを見て回ったりなど、事前準備も大切な作業です。

坪単価とは、すべてを含めた金額ではありません。

坪単価で値段が分かると言いますが、他にも諸費用がかかりますので全てを総合して考えましょう。後で驚くような金額になっていることもあるので気をつけたいところです。坪単価は面積により変動します。デザインや仕様が同じでも、生活に必要な設備類はつけなくてはなりません。小さい建物にすると割高になると考えることができます。メーカーにより、坪単価をどこまでの範囲で考えているのかは違うので、表示価格も、なるべく安く表示してある場合があります。設備のグレードによっても値段が変わってきます。家の見た目さえ良ければ満足というのであればいいのですが、こだわりたい方にとっては、グレードの良し悪しは重要な項目ですので、メーカーに確認しながら作業を進めてもらいましょう。また、本体工事以外にも工事費用がかかるので、しっかりと説明を受けておくことが大切です。