排水管の工事の更新のタイミング

排水管 更新

毎日、水道を利用しているのであまり意識はしないでしょうが、何かの不具合で水道の出が悪くなったり、詰まってしまった場合などは、初めて水道に関する対処をしなければならなくなります。けれどもこのような時に、どうすればよいかと迷ってしまう方も多いものです。例えばトイレの詰まりがある時には、軽度であればご自分でラバーカップなどを使って解消ができますが、それができない場合には水道の専門業者に頼むことになります。そこで調べてもらった結果、下水の排水管での詰まりが発生していることが見つかることもあるのです。業者が機器を使って管の清掃をして解決すればよいでしょうがそうでなければ、最終的に排水管の交換や更新が必要になってくる場合もあるのです。このように水道を使う部分の先には排水管が関係していますので、良好な状態にしておく必要があります。

水道水をチェックして排水管の更新も視野に入れる

トイレ、台所、お風呂、洗面台など、私たちの生活には多くの水道水が利用されています。このように使用頻度が高い水道にいきなりの詰まりが発生すると、生活にも大きな影響が出てします。そうならないためにも、普段からの水のチェックや水道管の更新を考える必要があるのです。トイレットペーパーを大量に流したり、それ以外の物を流したりした場合、詰まりの原因になることがあります。また適切な角度で良好に流れていたものが何かの原因で配管の勾配不良により詰まる時もあります。経年で劣化することで、排水管の接続部に隙間ができたり破裂することもあるのです。いづれにしても普段使う水道ですから水の出が少しでもおかしいと感じたら、しばらくはよく水をチェックして観察する必要がありますし、水道水の色味がいつもと違うような時にも要注意です。

排水管の更新の目安を含めたメンテナンスを考える

排水管の本格的な交換が必要になる前に、定期検診をしているビルや集合住宅なども多いです。一般的にはマンションやビルの配水管の工事は竣工してから10年から15年に行うことが多いですので、この時期が更新の目安です。排水管の年代や使っている菅の材質などによっても違ってくるでしょうが、コンクリートなどは経年劣化が起きやすいので比較的注意が必要です。竣工後に一度も配管修繕をしていないのであれば、専門の業者に依頼して、何年に一度の更新が必要であるかの診断を一度してもらう方が安心です。また近年では耐震性のことも考えた配管設置も進んでいます。配管の寿命は流れる水質や使用頻度以外にも、現地調査をしてみて初めて工事が必要かどうか分かることも多いので、定期的なメンテナンスを視野に入れると安心できます。